起業・新規事業を応援します!

公益社団法人 アクティブベースくれ

HOME 呉信用金庫
制度内容 応募方法 選考・審査委員 応募用紙 助成先(審査結果) 助成先のその後 アクティブクラブ

助成先のその後

第4回 助成先事業報告
鈩(やすり)協同組合広島県連合会
グッドラック助成受賞後

 世の中は常に、時代と共に進歩・発展しています。私達「モノ作り」をする者も常に時代と共に進化しなければならない。しかし、小規模の集団である私達にとって、革新・開発費の捻出は厳しい状況にあります。そのような中、地域活性化支援制度「グッドラック」の助成金を受けることで、今、業界が開発を最も必要としている焼入工程の(1)環境対策、(2)不良防止予防策、(3)省力化対策等の開発に取り組むことができるようになりました。また、受賞後においては中国新聞社様をはじめ、各媒体に取り上げられ、業界外からの方達からも激励の言葉を頂き大変に有り難く、皆で喜んでいます。


助成事業について

 ヤスリの品質に大きな影響を及ぼす焼入工程の「鉛浴加熱―水焼入」方式に代わる環境にやさしい、焼入不良が生じ難い「塩浴加熱―塩浴焼入」方式(ソルトバス方式)の実用化を目指しています。実現可能となれば、既存焼入工程で課題となっていた(1)鉛の水環境対策(2)作業環境対策(3)鉛の製品付着対策(4)焼割れや歪みによる不良品発生対策(5)焼入の自動化・ロボット化の導入に対応することが可能となります。なお、ソルトバス方式をヤスリに用いることは業界にとって初めて試みですが、基礎実験でヤスリ適応の可能性の検証と工業化・機械化のための実験でノウハウやデータの蓄積を行って、焼入工程の自動化・省力化に向けて更なる開発を進めています。



開発メンバーで
ソルトバス焼入に取り組む


常に実験の計画と結果について
話し合いを行う