起業・新規事業を応援します!

公益社団法人 アクティブベースくれ

HOME 呉信用金庫
制度内容 応募方法 選考・審査委員 応募用紙 助成先(審査結果) 助成先のその後 アクティブクラブ

助成先のその後

第3回 助成先事業報告
農的生活塾エックシュタイン
グッドラック受賞後の周囲の反響

 さっそく取材をしていただくことになり、事業開始の様子を新聞で報道して頂きました。その記事によって私どもの事業に関する問い合わせ、訪問者、行事参加者が多くありました。
 宣伝活動としては、現在、主に広島市内の幼稚園に子羊を連れて行ってフェルト、糸紡ぎ教室を開催して若いお母さん方に我が家の活動と私の人物と考えを知っていただき、そのおり地域のケーブルテレビ、地元紙に取材をお願いする、という営業活動を行っています。
 しかし、こういった小規模な事業の広報ということに関しては、さしあたって口コミに勝る手段は存在しないことを実感しています。


助成金で出来た事、つかいみち

1.冬支度。
 新しく建設した山小屋ふれあい館内に3機新たに薪ストーブを設置
 暖房において「地球温暖化に対する具体的な対案、循環生活樹立、自然の中でみんなと一緒に体と五官をフルに使って準備にじっくり手間隙かける(間伐材伐採、薪作り、すなわち里山整備)ことの素晴らしさを実感する」という我々の事業の趣旨をひとつ表現できました。

2.備品の補充。
 糸紡ぎ車、綿繰り機などの備品補充を行いました。


今後の助成事業の展望など

 ご参加頂くお客様は、主として広島市、呉市、東広島市市街地に住む幼少期の子どもを抱える家族、退職者老夫婦であって、現時点では、地元地域(呉市郷原町)に対する貢献度は低いと思います。今後は地元の皆様にも参加頂けるような企画を立案し、地域活性化に役立てて参りたいと思います。
 また、現在、月2回行事の開催を行っていますが、毎回リピーター様を中心に15家族以上40名以上の参加者がある状態で、超過した参加希望者の申し込みをお断りしないといけない事があります。この点では、多くの方に利用して頂けるような仕組みづくりに努めてまいりたいと思います。
 この他、講座の内容を充実させるため江田島市のNPO法人と事業提携して講師交流を行っています。今後、さらに他団体との協力関係を広く深く充実させていきたいと思っています。